category: つぶやき  1/17

ロマンティックと浪漫の違い

No image

これだけ世界中に存在が浸透しているのだから、人々の概念が寄り集まって実体化してもいいのでは…等と考えてしまうのだ。しかし彼女のロマンティックと比べてしまうと、自分の思考は何かが違う。というか、こうだったら面白いのに…という成分を含む妄想はロマンティックではなくむしろ浪漫に該当するのではなかろうか。 (一部抜粋)*************詳細はこちらから、どうぞ!↓↓↓↓↓ユルリラムの出張撮影メニューはこちらをクリック...

  •  0
  •  0

流行を捨てた大人

No image

そんな生活が当たり前になってからやっと「ああ、学生の間はずっと努力をしていたのだな…」と知った。努力はしていたけれど苦労はしていなかったので、すぐにはそうと気づけなかったのだ。またそれらに楽しさを感じていない訳でもなかったので、むしろそれらを"好きなこと"と誤認していた節さえある。でも今になって振り返ってみれば、それらはきっと生存戦略だった。 (一部抜粋)*************詳細はこちらから、どうぞ!↓↓↓↓↓ユ...

  •  0
  •  0

流行を知らない子供

No image

その存在に明確に気がついたのは小学6年生の時、修学旅行に行くバスの中で「イントロクイズ」をやった時だ。自分が聞いたこともない音楽を皆が知っており、流れる曲を聴いては次々にタイトルを当てていく。そして知っているのが当たり前だというのだ。衝撃的な体験だった。皆が普通にやっていることがさっぱりわからない自分が恥ずかしかった。  (一部抜粋)*************詳細はこちらから、どうぞ!↓↓↓↓↓「流行を知らない子供」...

  •  0
  •  0

母にとっての、その時間は

No image

母のことは好きではあるけれど、それ以上に反発もしていたし嫌な思い出は沢山あった。それがやっと少し和らいだのは、母の死の数年前頃からで。母を亡くして色々考え出すまでは…子供時代の記憶というのは、母に対しての怒りというものに密接に結びついていた。(一部抜粋)*************詳細はこちらから、どうぞ!↓↓↓↓↓ユルリラムの出張撮影メニューはこちらをクリック! (HPのメニュー欄へ移動します)良かったらお友達申請、...

  •  0
  •  0

普通という概念

No image

実は今でもまだ、半信半疑だ。「なんだかんだ言って、みんなそこそこ体調崩しながら生きてきてるはず。風邪には縁がない、という人間の方が絶対に少数派だ…!」という気持ちが抜けない。(一部抜粋)*************詳細はこちらから、どうぞ!↓↓↓↓↓ユルリラムの出張撮影メニューはこちらをクリック! (HPのメニュー欄へ移動します)良かったらお友達申請、お気軽にどうぞ^^→ Facebook<Instagram>Instagram @kemara(日常)...

  •  0
  •  0